健康な毎日を送るために重要なのが十分な睡眠です。睡眠は単に体の疲れを解消するだけでなく、体の不調や体調の乱れを整えるためにも大切な時間ですから、忙しくで十分な睡眠時間が確保できなくなってしまうと、単純な眠気以外にもさまざまな症状が現れる可能性があります。
睡眠不足が原因で現れる体の不調の中でも、特に注意しなければいけないのが吐き気です。単に気分が悪いだけと思って楽天的にとらえてはいけません。吐き気はその他の重要な不調のシグナルとなることが多いので、重大な不調が潜んでいる可能性を考えて早急に対処する必要があります。
なぜ睡眠不足で吐き気が起きるのでしょうか。それは、睡眠時間が不足すると体の免疫力が低下して体調が乱れてしまうからです。体調を整えるのに重要な睡眠が不足し、体調のコントロールができなくなってしまったため、本来であれば睡眠中に解消されるはずの体の不調が解消されずに、吐き気という形で表面化してしまうのです。
吐き気を解消するには、睡眠時間を確保することが第一です。十分な時間の確保ができない場合は、短時間でも体の疲れが取れるような質の高い睡眠をとりましょう。寝具や就寝環境を改善して質の高い睡眠がとれるようになれば、短時間の睡眠でも高い疲労回復効果が期待できます。

 

しっかりと安心して熟睡できるよう、睡眠薬に頼らず、睡眠サプリを飲んでみるのもいいかもしれません。マインドガードdx効かないという意見もありますが、本当のところはどうなんでしょうか?

 

 

知人にインタビュー!「なかなか寝付けない時はどうしていますか?」

眠れない時の対処法として、特にいろいろ悩みがあって眠れなくなった場合に有効なのは、ちょっとした単純作業をする、というのがあります。寝床でそのまま寝ようとすると、眠れないことばかりに意識が集中してしまい、ますます眠れなくなるという悪循環に陥りがちです。そこを脱するために、ひとまず一度起き上がります。そして、家事などなんらかの単純作業をひとつやるのです。ポイントは、蛍光灯など体を覚醒させるような電気はつけず、間接照明の中でできる作業を選びます。

 

こうして作業をすると、気分転換にもなるほか、「眠れなくて時間を無駄にした」という意識から、「ひとつ仕事を片付けた」という意識に変わり、その後気が楽になって眠れる場合が多いのです。連日不眠に悩まされているという人には、眠るための一つの儀式にもなると思います。