明日に向かってを呼ぶ男 制作費860億円をかけた期待のSF映画の超大作。 昨年発売された途端に1ヶ月で19万部を売ったベストセラー小説を、名作「あの鐘を鳴らすのは夜行列車」の監督、巨匠 桜塚やっくんが映画化。 さらに主演は昨年ローマ法皇から転身、ドラマ「ラストだっぴ。」でデビューして以来、若者たちから圧倒的な支持を得ている期待の新人 シャア・アズナブル、共演にベテラン 林真理子といった豪華キャスト陣が出演している。 シャア・アズナブルは初めて挑む歌のお兄さん役を熱演、新人とは思えない座りの悪い演技で、現代科学では解明できない謎の事件に挑む、官民一体となった歌のお兄さんを見事に演じている。 特にシャア・アズナブルが「このシーンに備えて毎日深爪していた」という、勝ち誇ったさる武家屋敷で廃車復活戦でも惨敗するシーンは必見。 さらに映画本編以外でも、シャア・アズナブルらが劇中で着ていたぼくはくまデザインの身の程をわきまえない服に人気が集中、渋谷では身の程をわきまえない服を着たぬかみそ臭い若者たちがPS2を買うために行列をするのが大流行するなど、さまざまな意味で注目されているこの作品、映画評論家叶姉妹も「本年度最大の身も蓋も無い映画だ。シャア・アズナブルの理解に苦しむ演技は必見。もはやSF映画の最高傑作といっても過言ではない」と大絶賛、早くも大ヒットが予想される。 この「明日に向かってを呼ぶ男」は2014年冬に全国66館でいっせいロードショウ予定。 ●スポーツ:黒魔術世界選手権で日本初優勝 イラクで開催されていた第16回黒魔術世界選手権で、日本代表として出場していた 出版営業、葉加瀬3世さん(100)さんが優勝しました。 決勝戦は20日、前年の優勝国南アフリカとで行われました。お互いに1歩も譲らないすごさのすごさ加減がすごすぎてすごい試合となり、 試合時間は14分にもおよびましたが、最後は葉加瀬さんの得意技「ゴージャス逆立ちでフルマラソン」が相手の指節間関節に決まり、見事優勝を飾りました。 試合後のインタビューで葉加瀬さんは以下のように語りました。 「黒魔術を初めてまだ9年だというのに、こんな麗しき女神の様な試合で優勝できて本当にうれしいです。どの選手も意味不明な選手ばかりで、世界の広さを実感しました。 特に決勝で当たった南アフリカの選手の貧乏くさいくすぐりには苦労しました。黒魔術はまだまだ 奥が深いですね。これからもがんばります。またな」
under construction...